2015年03月17日

FUKUSHI祭り

ずいぶんとあたたかくなってきました。
今日はエアコンなしで過ごせる快適さです。
いよいよ春でしょうか。

先週の土曜日は、一般社団法人FACE to FUKUSHI主催の大阪FUKUSHI祭りにスタッフとして参加させていただきました。
一般社団法人FACE to FUKUSHIとは、
全国若手福祉従事者ネットワークが昨年名称変更した団体で、
若者への福祉の魅力発信、福祉従事者のネットワーク、福祉リーダーを人材育成
を三本柱に活動を展開している団体です。
詳しくは、HPをどうぞ。
http://www.f2f.or.jp/

今回のイベントは、福祉課題に取り組む先輩の実践例を聞きながら、福祉のカタチをみんなで再考しよう、というもので、
認定NPO法人かものはしプロジェクト共同代表の村田早耶香さんの基調講演や、
福祉×社会起業家トークセッションなど盛りだくさんな内容で開催されました。
学生や、全国各地の福祉従業者の方々など100名を超える参加者が集まる大きなイベントでした。
IMG_20150314_170211[1].jpg

基調講演をされた村田さんは私と同い年の方だったのですが、
大学生の時に人身売買の問題を知り、
そこから団体を立ち上げて現地を含めた活動を展開されている方です。
かものはしプロジェクトの活動により今ではカンボジアの人身売買の状況は劇的に改善され、
新たにインドでの活動にも取り組みをはじめられたというお話でした。
感じたこと、知ったことを形にする行動力、そしてその行動力によって1つの国の状況を変えられているってすごいなぁと思いました。
こう書くとなんだかひとごとのような感想で恥ずかしいのですが、
私は私のやるべきところでできることをやっていこうと、まだまだできることはあるよなということを感じました。
トークセッションでも、自分の考えの甘さを痛感しました。
外に出ると、いろいろと気付かされることが多いです。

私の感想はいいとして、
なななんとそんな一大イベントに、
えびすのスタッフ本山さんが総合司会として抜擢されました。
彼女の精神的負担を考え、本人へ告げたのは2日前のこと。
真顔でおよそ3時間のイベント司会を立派にやり遂げました。
IMG_20150314_145146[1].jpg
いやぁ、緊張の面持ちの本山さんです。
こういう経験はやりたくてもなかなかできないものですから、よい経験になったのではないでしょうか。
イベント後の交流会でも、積極的に参加者の方と名刺交換するなどして交流を図っていた本山さんと川島さん。
20人の方と名刺交換する!と豪語しておきながら受付ブースからほぼ出なかった私。。。
ここでも反省ですね。。。

大切なのはこういった経験を日常業務に活かしていくこと。
直線ではつながらなくても、感じた風を取り入れることはできるはずなのです。
日々精進を重ねていきたいと思います!


松永


posted by えびす at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。