2015年03月09日

卒業生と話す会

ここ最近はブログのネタになりそうなできごとがたくさんあって、
ネタがたまっています。
少しずつ更新させていただきます。

そんなわけで時間がたってしまいましたが
先日、昨年3月に大学を卒業し社会へ飛び立った卒業生6人に来てもらい、
学生に向けて社会人になってからの生活や、進路選択についての話をしてもらう会を開催しました。
名付けて「卒業生と話す会」
我ながらネーミングセンスがなさすぎて情けない。。。

当日は20名ほどの学生が集まってくれました。
卒業生は大学院生、一般企業事務、営業、幼稚園教諭、児童養護施設職員、作業所支援員という多種多様な顔ぶれです。
私たちスタッフも卒業生と会うのはほぼ1年ぶりの子もおり、
やっぱりなんとなく頼もしくなったような気がして嬉しかったです。

事前に学生から質問項目を集め、卒業生へ5つの質問に答えてもらっていました。
その答えを元に、私がファシリテーターとなってパネルディスカッションの形式でトークを展開していきました。

「卒業前と卒業後で変わったことはどんなことですか?」
「卒業後の進路選択において、想像していたことと現実とでギャップを感じたことはどんなことですか?」
「大学生の間にやっておいた方がよかったこと、やっておいてよかったことは何ですか?」
「どのように進路選択をし、それに向けてどのような準備をしましたか?」
「えびすでの活動が社会に出てから役に立ったと思うことはどんなことですか?」

おもしろかったのは、卒業生からやたらと「遊んでおくべき」という声が出ていたこと。
どんだけ遊んでいたって、遊んでおけばよかったと思うものなのかもしれませんね。

進路選択で悩んだこと、就活の話、勤務時間の話など、とってもリアルな話を聞くことができました。
終了後の茶話会もとても盛り上がっていてほっとしました。
集まってくれた学生のみなさんにも、参考になる話が聞けたでしょうか?

福祉系の仕事を選択していれば、具体的な関わり方や支援の方法など、えびすでやってきたことがダイレクトに役に立っているという話は想像していたのですが、
そういうところだけでなく、
いろんな人がいること、自分の思っている当たり前が他の人の当り前ではないこと、
相手がどういう見方をしていてそういう発言をしているのか、考え方をしているのかを考えられるようになったという話が出て、とても嬉しかったです。
いずれにせよ、学びを学びととらえられるかはそれぞれの受信力だと思っているので、
そういうことを学びとることのできるセンスがステキだなと思います。
ちょっとしたことから気づきや学びを発見できる受信力を私も負けずに磨いていきたいなと思いました。

個人的には、ファシリテーターの技術をもっと磨かなければ、という反省もあり、
まだまだ勉強の日々だなぁと思わせてもらえた1日でした。

えびすも6年目に入り、卒業生も増えてきたのでこういった機会もどんどん作っていきたいなと思います。
集合写真撮るのも久しぶり!
DSC_0603.jpg


松永

posted by えびす at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

ガイドヘルパー養成講座

毎週更新がぱったりと途絶えてしまいました。。。
やはり、見てくれている人がいないと張り合いがないものですね。
ネタ探しには余念がないのですが、肝心の投稿が滞るという残念な事態です。
でも、がんばります。

先日、母体法人であるブレーンヒューマニティー主催のガイドヘルパー養成講座が開催されました。
多くの学生さんが受講されており、この春にはまた新たなヘルパーさんがたくさん誕生してくれるのではと期待しています。
IMG_20150212_154718.jpg

えびすも講師陣や実習施設として協力しています。
利用者の皆さま、実習生がお世話になりますがよろしくお願いします。


こうやって講座を受けてくれた学生がえびすにヘルパーとして登録してくれ、活躍してくれています。
3月といえば学生主力のえびすには避けることのできない卒業の季節です。
今年度も20名の4回生が卒業を迎えます。
学生という短い時間に、えびすを通して利用者さん、ご家族、スタッフ、他大学の学生、関係機関の方々など、様々な人たちと出会い、関わってきたことは学生たちにとって大きな力になるだろうなぁと思っています。
事実、登録時からすると大きく変わったなぁと思う学生が多いです。
私は大学を卒業して10年ほどになりますが、卒業後の考え方や生き方には
大学時代に出会った人や、関わったこと、経験したことが根強くつながっているなぁとよく思います。

そういった機会を1人でも多くの学生に提供できるように、日々広報の努力を重ねたいと思います!



松永
posted by えびす at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

職場内研修

めずらしく日曜に出勤しております。
今週は平日にお休みをいただいたので、もろもろの業務を進めないといけないこともあり。。。
なんとなくいつもと雰囲気が違って新鮮です。

日曜日なのでヘルパーのみなさんが色々なところへ外出しています。
今日の行先も京都で和菓子作り体験、神戸のハーブ園、三宮でカラオケ、など多種多様です。
今日はたまたま外出中のヘルパーさんと利用者の方にお会いする機会があったのですが、
何とも言えない2人の安定した空気感が伝わってきて、なんだか嬉しくなりました。
ヘルパーとの外出経験が、利用者の方の様々な経験の幅を広げることにつながっていけるよう、担当者は外出先の提案やヘルパーのコーディネートをしています。
外出先含め、「こういうことがやってみたい!」などのご希望がございましたらお気軽に担当者までお教えください。

さてさて、先週の金曜日は月に1度の職員会議でした。
えびすでは職員会議の際に職場内研修を実施しています。
毎回担当者を決め、自分たちの学びたい興味のあるテーマについて調べ、
職員全員に向けて研修をおこなうというものです。
2名の職員がペアになって担当するのですが、
今回の担当は放課後等デイサービス部長の大田とヘルプセンターえびすの主任ヘルパー滝沢です。
テーマは「ソーシャルスキルトレーニングについて」
2人からソーシャルスキルトレーニングの定義や必要性、具体例の説明があった後、
みんなで実際にプリントをやってみました。
150206_1231~001.jpg

DSC_1002.jpg
専務です。

DSC_1003.jpg
主に本山デイを担当している永田です。

今回やってみたプリントは、顔文字と気持ちの言葉を線でつなぐものと、
表情と身振り手振りのイラストと気持ちの言葉を選ぶものの2種類でした。

けっこう考え込むような難しいものもあり、
実際に職員みんなの答えを照らし合わせてみると全員が同じ答えでないものもあり、
感じ方やとらえ方は本当に人それぞれだし、微妙なニュアンスって分かりにくいものなんだということを改めて感じる機会となりました。

えびすの放課後等デイサービスでも、私たちが今回やってみたプリント学習や、
実際の遊びの中での場面設定などといった方法でソーシャルスキルトレーニングを実施しています。
大切なのは、支援者が目標を明確にして支援を行う事、
フィードバックを必ずし、細かい場面設定を変えての評価をすること、だそうです。
デイの中ではできているが日常生活ではどうか?
いつもいる担当職員とはうまくコミュニケーションがとれているが他の人だったらどうか?
などなど。


毎回学ぶことはまだまだたくさんあることを実感させられる職場内研修です。
こういう機会も大切にしていきたいなぁと思います。


松永


posted by えびす at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする